小さいおじさん(美容師)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さいおじさん(ロリ髪美容師)

長野県でロリ髪美容師してます。撮影の様子や日々の出来事など更新していきたいと思います!

教えるモチベーションと教わるモチベーションの「温度差」

昨日毎日練習を見てる優子を2回泣かせました。

 

「もっとこうしろよ!」「これじゃだめだ!」

と言うと悲しい顔します。

 

一応人間だから罪悪感がある。

 

僕が叱って僕が気を使う。

 

これ意味あるの?

そう思ってしまった。

 

いい子いい子しても成長しないし、かと言って叱ってばっかりでもモチベーションが下がる。

 

教わる側のモチベーションが下がれば、教える側のモチベーションも下がる。

 

以下ループ。

 

金もらってたら話は別。

もしここに対価を貰っていたら、もっと優しくなれたのかもしれない。

 

でも無償だ。しかも毎日。

 

矢島先生に相談したところ。。。

 

毎日ちゃんと見るからダラダラする。

確かにそうだ。

出来ても出来なくても必ず見てくれる。教えてくれる。

そんな危機感のない練習では上手くならない。

 

「時代が違うから」とよく言いますが、時代が違ってもお客様の求める物は変わりません。

むしろ昔より色々な技術が生まれてハードルが上がっています。

 

誰が迷惑ってお客様が迷惑。

 

なぁなぁな技術で、そこそこの仕上がりではお客様が迷惑です。

 

そんな美容師になって欲しくないと思うと、どうしても厳しくなってしまいます。

 

教わる側のモチベーションが下がると「じゃあ自分でやれよ」と思ってしまう。

 

こういうので「ゴマをする」とか「人を立てる」とかを覚えるのかもしれませんね。

 

俺はただ上手くなって欲しいだけ。

 

歳をとった時に何も出来ない美容師にはなって欲しくない、そんな悲しい事は無いから。

 

僕も少し考えたいと思います。

f:id:graphryo:20170407085445j:image