小さいおじさん(美容師)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さいおじさん(ロリ髪美容師)

長野県でロリ髪美容師してます。撮影の様子や日々の出来事など更新していきたいと思います!

猫の皿

 

「猫の皿」という落語があります。

 

目利きの骨董屋がお茶屋に入ると、何と50両もする高価なお皿で汚い猫に餌をあげてるではないですか。

「こりゃ店主は高い皿だって知らないな!」

と言うことで骨董屋は「猫を3両で売ってくれ」と言う。

 

「ついでにその飯食ってる皿も付けてくれ」

と。

 

すると店主は「このお皿はとても高価な物なのです」

 

「じゃあ何だってそんな高い皿で汚い猫に餌あげてんだい?」

 「猫が3両で売れるからです」

 

というお話。

 

そう。今日はお皿の話。

いや器の話。

 

人はうつわが大きいほうが良いとか言ったりしますが、まぁ今で言う所のキャパシティですね。

 

寛大な気持ちと包み込んでくれる暖かさ。

 

そんな人いたらついて行きたくなりますよね?

 

うつわが小さいと溢れ出てしまいます。

 

大は小をかねる

でかければデカイほどいいんです!

 

ただ日々そんなに寛大な気持ちで生きられないですね。

 

最近優子がお店で迫害されてます。

そう。社会的イジメです。

 

僕らには守ってやる義務があります。

 

デカイ器で受け止めたいと思います。

 

小さい器は粉々にしますよ。

f:id:graphryo:20170215185633j:image