小さいおじさん(美容師)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さいおじさん(ロリ髪美容師)

長野県でロリ髪美容師してます。撮影の様子や日々の出来事など更新していきたいと思います!

カラーリングの仕組み

昨日のブログより。

 

 

酸化染毛剤について。

まぁ一般的なカラーについて。

 

読んで字のごとく酸化して発色していきます。

 

中学校の頃やった「酸化と還元」です。

 

忘れている方は教科書を開いて下さい。

 

この酸化染毛剤は1剤と2剤に分かれています。

まずは1剤から、、、

 

1剤

 アルカリ剤が主成分。

このアルカリによりキューティクルをひらきます。

2剤

過酸化水素が主成分。オキシドール

メラニン色素を分解してブリーチする。

 

 

つまりこの酸化染毛剤は、、、

ブリーチしながら色を入れてます!!!

これがすごく大事です。

 

髪の毛の黒い色素を分解しながら色を入れます。

これにより地毛が明るくなります。。

 

f:id:graphryo:20170115164444j:image

こんなの見たことないですか?

この黄色いの、1剤です。

この白いの、2剤です。

 

僕らがカラーリングを勉強する時、、、

1剤と2剤は100回混ぜろ!

とよく怒られました。

 

この写真、全く混ざってません。

 

特にこの2剤。

その昔、学生時代に脱色した事ありませんか?

あれと同じです。

 

ただ色素を分解するだけの物です。

これだけが混ざらず頭皮に着いたら、、、

もうどうなるかおわかりですね。

 

痛いです。

 

カラーリングの仕組みや意味を理解すれば、何が良くて何が危ないのかは自ずとわかると思います。

 

昨日は僕のカラーリングをしてもらいました。

黒染めしてイケてるメンズになる予定でしたが、、、

f:id:graphryo:20170115165230j:image

f:id:graphryo:20170115165239j:image

 大年のジャッキーみたいになった。