小さいおじさん(美容師)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さいおじさん(ロリ髪美容師)

長野県でロリ髪美容師してます。撮影の様子や日々の出来事など更新していきたいと思います!

カラーリングの種類

髪の毛を染める。

 

 

何故染めるの?

 

 

「可愛くなりたいから」

 

 

染まっていると可愛いの?

 

 

恐ろしい疑問に目を向けてしまった。

美容師なのに。

 

 今日はカラーリングの種類について書こうと思っていたのに。

 

いやこの疑問はまたの機会にしよう。

 

では切り替えて行ってみましょう。

 

カラーリングの種類は細かく分類するとめちゃめちゃ沢山有ります。

 

代表的なのから行きます。

◎酸化染毛剤(医薬部外品)

一般的なカラーリングに使われる薬剤。

ヘアダイとも呼ばれます。

 1剤と2剤に分かれていて、2つを混ぜる事により化学反応を起こします。

 

◎半永久染毛料

ヘアマニキュア、カラーリンスなどの事です。

表面のみを染める為洗う度に落ちていくのが特徴です。

普通のカラーリングに比べダメージが少ないですが、地毛を明るくする事は出来ません。

 

◎一時染毛料

カラースプレー、ヘアマスカラなどです。

これは表面に吸着しているだけなので、シャンプーしたら取れてしまいます。

卒業式の黒染めや面接前にはもってこいです。

ただ白シャツに付きます。

 

本当にざっくり大まかに書きましたが、まだまだ細かく分類する事ができます。

 

一般的には酸化染毛剤(1番上)がほとんどです。

長くなりそうなので次のブログに、染まる仕組みなど書いていきたいと思います。

 

ちなみに現在ではネット等で個人でも買う事ができます。

本気で家で染めたいのであれば、きちんと全てご説明します。

ただお店と同じ様に染めるのは不可能です。

 

僕らはプロです。

 

その為に死ぬ気で練習と勉強をしてきています。

 

 f:id:graphryo:20170114171801j:image