小さいおじさん(美容師)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さいおじさん(ロリ髪美容師)

長野県でロリ髪美容師してます。撮影の様子や日々の出来事など更新していきたいと思います!

お花見してきた。と言うか酒飲んできた。

営業終わりに近くの公園に行ってきました。

 

満開です。

 f:id:graphryo:20170421162700j:image

 

僕らはライトアップされませんでした。

 

f:id:graphryo:20170421162722j:image

とりあえず飲みながらぐるっと回って「焼き鳥」 買う。

f:id:graphryo:20170421162814j:image

 

f:id:graphryo:20170421162839j:image

飲みます。

 

熱燗も飲みます。

 

牛スジも食べます。

 

そして矢島先生のお客様に出会い合流します。

f:id:graphryo:20170421162941j:image

 

 

 「ごんちゃん」という焼酎が無限に出る機械を初めて見ました。

 

開発者は右はしのお父様です。

 

あ、焼酎でる機械つくろ!

と人生で思った事ありません。

 

そして試行錯誤して現在は4作品目みたいです。

 

 ほぼ原液みたいな焼酎をご馳走になり桜どころではありません。

 

日本の風物詩ですね。

 

季節の変わり目のイベントはしっかりやって行きたいと思います。

勝手に写真撮って「買いますよね?」みたいな商売。

先日行った水族館。

 

入ってすぐにお姉さんに「こちらですよ」と言われてホイホイ付いていくと「ではこちらお父さんで、こちらお子様立ってください」「はいいきますよー」

 

勝手に撮影スタート。

 

僕らの後ろにも何組かのファミリーが並んでいます。

 

家の嫁は断れない体質です。

 

そんな時いつも嫁に判断は任せます。

 

そしてそんなに欲しくない写真が家の玄関に増えていきます。

 

 

東南アジアの商売みたいだね。

 

何気なく道案内したからお金払えみたいな。

 

日本人の「NO」と言えない習性に漬け込んだ巧みな商売です。

 

  • ケチと思われそう
  • 貧乏人に見られそう
  • 撮ってくれたから申し訳ない

など殆どが「見栄」や「世間体」です。

 

人の目なんて気にしてません。

 

誰にどう思われようと関係ない。

 

次はきっぱり断るぞ。

f:id:graphryo:20170421160551j:image

業務委託が街にやって来た。

遂に来ました。

 

都会の波が。

 

 

業務委託って何?

 

業務委託とは美容師の働き方です。

 

読んで字の如く、動かざる事山の如し。

 

美容師の「業務」を「委託」します。

 

「働いて!」「働きます!」という事です。

 

 

それ普通じゃね?

 

仕組みが少し違います。

 

雇用されてるスタッフはそれぞが「事業主」です。

それがただ集まってるだけです。

 

日雇い労働者の延長です。

 

雇用する側のメリットは、、、

  • 働か無くてもオケ
  • スタッフとお客様がいればいい

 

雇用される側のメリットは、、、

  • 歩合の率が高い
  • 働きたい時に働ける

 

お客様のメリットは、、、

  • 安い

 

です!!

 

あれ?メリットしかなくね?

 

そう。だから都会の美容師さんは続々と業務委託に移っています。

 

お客様からしたら「可愛くしてくれて安ければ満足」なんです。

 

業務委託サロンではカラー剤やパーマ剤などは独自の物を使うので、コストがかなり抑えられます。

なのでとっても安いです。

お客様には嬉しいですね。

 

コストが安いために料金も安い。

料金が安いと給料も安い。当然です。

だから美容師はどんどんお客様に入って、どんどん切らないといけません。

 

1人で3人や4人を同時に行います。

 

「カラー塗ってから1時間位放置されてますけども」

そんな事も時にはあります。

それを加味した金額。

 

安いには理由があります。

 

どっちがどうとか、何が正解なんてありません。

ただ身体は1つしかありません。

 

自分の「価値」は自分で作っていきたいと思います。

 

一応そんなのもあるよ!って話です。

f:id:graphryo:20170420144340j:image

染に彼女が出来ました。

どこの馬の骨かも分からない彼女が出来てオヤジは心配です。

 

ガリガリとデブどっちが美容師向き?

まぁガリガリでしょう!

 

美容師=ガリガリ

 

これは皆様もイメージとしてあるかと思います。

 

黒いスキニーパンツと金髪、ガリガリが美容師のイメージでは無いでしょうか?

 

 

何を隠そう僕はガリガリです。

 

44キロだぞ。

 

身長はチビなので160cmしかありません。

f:id:graphryo:20170419233636j:image

 

体型は指原莉乃です。

つまり僕もAKBです。

 

でも美容師さんでデブの方今まで見た事無いです。

 

何故なんでしょう?

 

僕なんて昔彼女に「病的にガリガリだね」と言われた事があります。

 

病的にガリガリの方が美容師っぽい。

 

ではガリガリのメリットをお伝えしましょう。

  • スタイリッシュ
  • 俊敏
  • エネルギー消費が少ない
  • 食べなくても平気

 

こんな感じです。

 

ではデブのメリットも出してきます。

  • 包容力
  • 安心感
  • 安定感
  • 優しそう

 

ガリガリよりもよっぽど健康的です。

 

ただ美容師は体力勝負です。

ここで鍵となるのは「エネルギー消費が少ない」という事です。

 

ガリガリの最大のメリットは身体が軽い分動けるんです。

美容師は1日12時間以上働きます。

 

体力が切れたらオシマイなんです。

 

 

総評。

美容師してたら自然とガリガリになる。

 

飯も食べれず動きっぱなしなので太る余裕がないのですね。

 

今後太った美容師が生まれて来たら、それはとても労働環境がいいという事です。

 

僕も太っていきたいです。

 

f:id:graphryo:20170420105231j:image

 

 

 

ケーキ頂きました。

小川様からケーキ頂きました。

 

焼きたての!

 

f:id:graphryo:20170418131957j:image

f:id:graphryo:20170418132151j:image

f:id:graphryo:20170418132201j:image

美味しい。

 

甘さ控えめのフワフワです。

 

想像を遥かに越えるフワフワです。

 

もう家の枕を全部シフォンケーキにしようかと思います。

 

 

お腹を空かせています。

お土産は大歓迎です。

 

 

白黒ハッキリしてる破天荒と、大人な中立との違い。

人生は白か黒だ。

 

そうやって親に言われてきました。

yesかno。生きるか死ぬか。勝つか負けるか。

 

僕自身もそう思います。

 

極論は二択。

 

それまでの過程は様々ですが、結局は二択。

 

こっちにもいい顔、あっちにもいい顔。

 

 

たかだか30年しか生きてませんが、こういう人は大概最後に1番悪者になります。

 

皆の仲を取り持とうとして、最終的に1番悪者になります。

 

と言うか仕立て上げられます。

 

俺だったらそうする。絶対。

 

そんな調子のいい話があるかい?

 

「で?おまえは結局どうなの?」

 

答えが無いならyesもnoも答えるべきではない。

 

自分の意思が無いのに、そもそも頭を突っ込むべきでは無いかなと思います。

 

ハッキリ言いますが調子のいい奴が嫌いです。

 

自分の「答え」も持たずヘラヘラしてる奴。

 

大人なので長いものに巻かれることもありますが、、、、

巻かれるなら「答え」を持たずに流されるべきです。

 

僕は嫌われても良いから自分の「答え」はハッキリ持ってます。

 

プライドとは違う、ポリシーです。

 

昔から好きな言葉に「自分が自分にならなくて、誰が自分になる?」と言うのがあります。

 

 

人生は1度です。

いつか死にます。

 

好きに生きるぞ。

 

シガラミファックユーです。

 

とりあえず家で熱帯魚飼いたいです。

f:id:graphryo:20170417235010j:image

 

「yes」か「no」と聞かれたらなんて答えるの?

 

答えを悩む時間なんて人生にはないと思う。

 

行ってきたよ。名古屋、春。

さあ。行ってきました名古屋。

 

恵那山トンネルを抜けるとそこは、、、

睡魔との闘い。

 

同じ速度、同じ間隔、同じ風景。

 

 

眠い。

 

 

 

途中何度か事故りそうになりながら行ってきました名古屋。

 

今回はレーザー無しでした。

 

行くまで3時間。診察5分。

 

「じゃまた来てください。」

 

簡単に言うね。

こちとら朝5時に起きて名古屋来てるんだぞ。

 

まぁんな事知ったこっちゃないよね。

 

有名な先生だし、流れ作業なのも理解してます。

それでも来るってすごくない?

 

2時間半かけて来るお客様(患者さん)がいる事は凄い事だと思います。

 

「それでもあなたに」と思われる絶対的な物。

 

嫁は「あの先生苦手なの」といいますが、僕はとっても信頼してます。

 

診察が簡潔で、建設的なんです。

 

とっても威圧的ですが、話の内容は無駄がなくストレート。

全てのお客様(患者さん)に均等な為の処置。

 

かっこよく見えます。

 

やはり「無駄」を省く事は「美学」なのかもしれません。

 

 

 

とりあえず前日日本酒飲みすぎてしまい続きがかけません。

 

続きは明日、、、、

 

寝るぞ。

f:id:graphryo:20170417204401j:image